• 月刊WHIPLASH
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

vol.131

月刊「WHIPLASH」AUG,2017

8月の目標:暑さ対策

この雑記は適当にダラダラ書いているので、前回の原稿を渡した日(だいたい各月23日頃)の翌日から、約1カ月のことが出ています。今回の場合は6月24日から7月23日までです。

たまには純粋に仕事で海外出張なんてこともあります。そんなわけで某国の亜熱帯エリアに行ってきました。これは難航するかもなーと思っていたモノが、先方の機転で思いのほかスムースにいきそうでほっとしました。100%仕事でしたが、おかげで楽しい小旅行になりました。現地在住の日本人の皆さん、現地人のスタッフのみなさん、ありがとうございました。

で、このエリアで気がついたことがひとつ。なぜか鳥が少ないのです。

梅雨による天候不順もあるのだが、先月下旬から釣行回数がガクッと減りました。いずれカタチにするであろうルアーのラフスケッチや内部構造の概案を描いたり、商品とはまったくカンケーないルアーを作ったり、来年発売予定のロッドのスレッドカラーの組み合わせを試したりしているうちに、時間ばかり過ぎてしまいました。このままではいかん、少なくとも週1ペースで出かけなくては…。釣りにかんするモノを作る人にもいろんなタイプがいると思うが、自分は実釣の中で思いつくタイプなので、自身がお魚釣りに行くことがモノ作りの生命線でもあるのです。

来年発売予定のロッド、気になりますか? ご期待にそえるモノかどうか…。

ライギョにかんしては正午上がり釣行に1度、午後から釣行に2度出かけました。さいわいまったく釣り人に会うこともなく、静かな釣りができました。しかしゴミの多さには辟易。釣り人だけのものではないんだろうけど…。でも、こんな池に釣り人以外のどんな人が用があるのだろう?

[使用タックル_1]

  • Rod:SERPENT RISING RETRIBUTION XSR707LSX THE REBEL FACTION_test(Whiplash)
  • Reel:RYOGA SHRAPNEL C3000H(Daiwa)+PE#10
  • Lure:L.D.SR, DEB.NZ_test, FF.POP_test etc.(Whiplash)

[使用タックル_2]

  • Rod:SERPENT RISING RETRIBUTION XSR705SX-R THE ADDICTION-II(Whiplash)
  • Reel:RYOGA SHRAPNEL C3000H(Daiwa)+PE#10
  • Lure:X.O.SR, D.O.G S.O.R etc.(Whiplash)

[使用タックル_3]

  • Rod:SERPENT RISING RETRIBUTION TASK FORCE XSR703JX-TF THE HYDRONAGA(Whiplash)
  • Reel:RYOGA SHRAPNEL C3000H(Daiwa)+PE#10
  • Lure:X.O.SR, D.O.G S.O.R etc.(Whiplash)

[使用タックル_4]

  • Rod:GUN2 ZERO GGZ-73RH SNAKE CHARMER(Valley Hill)
  • Reel:RYOGA SHRAPNEL C3000H(Daiwa)+PE#8
  • Lure:COMA.NZ, A.M.G.R, X.O.SR etc.(Whiplash)

[使用タックル_5]

  • Rod:HEAD GUNNER HG-702HH(Whiplash+Valley Hill)
  • Reel:RYOGA SHRAPNEL C3000H(Daiwa)+PE#8
  • Lure:COMA.NZ, A.M.G.R etc.(Whiplash)

今年初の山岳渓流に行ってきました。水量が少ないくせにミョーに流速があり釣りにくい状況でしたが、アマゴが3本遊んでくれました。まあ追いはそこそこあったし、食い損ねも数度ありましたが、いかんせん貧果感はぬぐえず…。来月はどこかの沢にイワナ釣りにでも行こうっと。クソ暑い真夏は深い森の涼しい沢にまさるものはない…と思う。

[当日使用タックル]

  • Rod:GILLIE HEADWATERS 53 Bait(Zenaq:今のところワタクシの個人的特注品)
  • Reel:SS AIR(Daiwa)+PE#0.4+Fluoro 5lb Leader
  • Lure:EMISHI 50S(Ito Craft), SILVER CREEK MINNOW 50S(Daiwa)

*今回の被害:ヤマビル3匹に吸血されたこと

山岳渓流を切り上げ、少し他の水域をチェックした後、夕方の湖北へ。昨年より水位は低いし、魚影は薄い。しかも釣り人が4人も。それらの釣り人は近所のキャンプエリアからちょいと来た程度の人たちだったようで、眺めている間には何も釣れず。それらの人たちから離れて、薮を分けて川辺に出て1投目。すぐさまヒット。銀ピカのメスのケタバスが釣れました。しばらくやってるうちに婚姻色の出た尺上のオスも。さらには56〜7cmのニゴイも。こんなのをULタックルでかけるとけっこうスリリング。ワンダッシュで10m近くラインを出すし、岸際のブッシュに突っ込むし…。で、そのまま川に入ってランディング。なんか例年よりニゴイが多いような。
次の川もやはり水位は低く魚影は薄め。ここでも何本か釣ってさらに南下。最後の川も減水がひどく、魚はやや下流域にしかおらず。しかし夕方という条件もよかったのか、けっこう派手なアタックが多発。その派手なアタックを誘発したのが「HUS LURE」。
ハスにハスルアーというシャレで使ったのですが、これの水面引きがえらく連中を刺激したようです。しかし渓流仕様のシングルフックをセットして使っていたせいか、フックアップ率は低かったです。次回はシングルフックのシェイプとサイズをかえて試してみようと思います。

[当日使用タックル]

  • Rod:6'6" ORIGINAL U.LIGHT BAIT ROD(Blank:MHX)
  • Reel:ALPHAS FINESS CUSTOM 105H(Daiwa)+PE#0.6+Fluoro 8lb Leader
  • Lure:自作ミノーペンシル60-70mm, 自作ミノーペンシル70mm, SILVER CREEK MINNOW 50S(Daiwa), Dr.MINNOW 7FS(Daiwa), CHINOOK 7g(Daiwa), HUS LURE 1/8oz(Luhr Jensen)

*当初は山岳渓流/湖北ケタバス/南のオーナマというトリプルヘッダーを企てていたのですが、山岳渓流の不調により少しムキになってアマゴ狙いをやったため、その後の時間が減ってしまいました。で、ケタバスかオーナマか?という選択を迫られたわけで、そうなるとアマゴで苦戦したコーヘイ君のみならず、自分も「お手軽ケタバス釣り」を選んでしまいました。

その1週間後、再びケタバス釣りに行ってきました。ド減水と繁殖行動で釣りには厳しい状況に。今年のケタバスはこれで終わりだろうなあ。

[当日使用タックル_1]

  • Rod:6'6" ORIGINAL U.LIGHT BAIT ROD(Blank:MHX)
  • Reel:ALPHAS FINESS CUSTOM 105H(Daiwa)+PE#0.6+Fluoro 8lb Leader
  • Lure:自作ミノーペンシル60-70mm, 自作ミノーペンシル70mm, SILVER CREEK MINNOW 50S(Daiwa), Dr.MINNOW 7FS(Daiwa), HUS LURE 1/8oz(Luhr Jensen), BACK&FORTH 5g(Smith), COMET BLACK FURY No.2(MEPPS)etc.

[当日使用タックル_2]

  • Rod:THE SILVER CREEK ST-60L(Daiwa)
  • Reel:14 CALDIA 2004H(Daiwa)+PE#0.6+Fluoro 8lb Leader
  • Lure: Dr.MINNOW 7FS(Daiwa), 自作ミノーペンシル60-70mm

*前回「派手な蛍光系カラーへの反応がよくない」とコーヘイ君が言ってたので、今回自分も試してみました。感覚的な言い方ですが、Dr.MINNOWのイワナOBカラーぐらいなら問題なし。蛍光オレンジバック/蛍光イエローベリーや、蛍光ピンクバック/蛍光イエローベリーはたしかに嫌われた感じがします。それと釣るまでに時間がかかったのが、ブラックベースに蛍光レッドのドットが入ったブレードのスピナー、個人的にけっこう好きなMEPPSのコメット・ブラックフュリーNo.2。同行のN氏がスピナーで遊んでいたので、自分も使ってみたのですが、追いもほとんどなくかなり嫌われました。やっと1本食ってくれたので、即交換(笑)。

たまには釣りでなく干潟や潮溜まりで遊ぶとか、清流で遊ぶとか、釣りの周辺部の遊びをやってみるのもいいと思う。最初から最後までバスバスバスバスバス釣り、ライギョライギョライギョライギョライギョ釣り…話を聞いてる方が肩が凝ってしまう。

「最近こんなモン、いますけど…。しかもこのヒゲ野郎、実はなかなかのファイターだ」と海外のガイドから写真が届きました。
うーん、それはアンタの国でも外来種やん。そこらの水域で繁殖してるんや。知らんかった。どーしましょう? 美味なら釣って料理屋に持ち込む? でも清蒸には大きすぎるなあ。鍋にする? なんにせよ、来年はそっちに行くと思うので、そんなにいいファイターなら、ついでにちょいと釣ってみたいと返信。ディープダイバーを多用するのか?少し買っておこう。いや、昔琵琶湖で拾ったディープクランクが数個あるからアレらでいいか。今年オーストラリアでも1個拾ったし。それにMODEL-Aのまあまあ潜るヤツ(B08A)も6個ぐらいあるし…。相変わらず未知のおもろそうなことには、すぐ飛びついてしまうのであった。でもその国のネイティヴではないので、1回やって数本釣ったらそれでいいんだけどね。で、どんな魚かというと、とってもヒゲ野郎なのに某アニメの女の子のキャラと同じ名前(笑)。

蒸し暑くてトレーニングをする気にならぬ。しかしここで怠慢こいたら、ただの堕落したオヤジになりかねない。それではいかん。俺にはまだあれこれ望みあるし、あれこれやりたいことが…というわけで、地道に少しずつやってる次第。ボディビル的な「体を作る」ことや「人に見せる筋肉」なんてことにはまったく興味ないし、大きくなりたいわけではないし、ただもう少し、いろいろ強化したいだけ。だから「今日は胸の日、明日はどこそこ…」なんてきめず、いろんなパーツが連動できるようなトレーニングを続けているだけ。継続は力なりというがはたして…。

都議選の自民大敗。釣り業界でもいずれこんなことが起るんじゃないかな…。都民の大勝ちではなく、自民の大敗の方ですよ。

アゴや顔面にヒジを叩き込みたかったら、張り手をテンプルに入れてKOしたかったら、打撃系格闘技に行けばいい。自分はガキの頃から大相撲をTVでよく見てますが、格下の小兵力士相手に立ち会いでかわったり、小細工したりする横綱なんて憶えがないなあ。大記録には違いないが…。

またひとり知人が逝ったことを知った。自分より若いヤツが先に逝ってしまうのは、本当にやりきれない思いがする。今も親しくつきあいのある何人かと出会う契機を作ったのは彼だった。いろいろ世話になったな。ありがとよ。向こうでアンタの親父さんに会ったら、新家は相変わらずだと伝えてくれ。合掌。

最近の!!な試合

★WBOウェルター級選手権 マニー・パッキャオ vs ジェフ・ホーン

大方の試合前の予想に反して、この試合は何となくパッキャオが破れるのでは?という予感があった。そして1Rからホーンが見せた「体の力の違い」に、うーんパッキャオ大丈夫かな…と思いながら見ていた。たんに体力差だったらマルガリート戦でもあったわけで、スピード差と波状攻撃で攻略できるだろうが、ホーンにはスピードもあり、これはけっこうヤバいよな…と。しかしあの体であのスピードを使えば必ず疲れは出るわけで、8Rに数度「あれ、ホーンが瞬間的に息をついたな」というシーンも。そして9Rのパッキャオの攻勢は見事だった。やっぱりパッキャオはすごいと思わせるに十分で、あとひと押しでダウンを奪えるほどだったのだが、そのラウンドの打ち疲れと、ハッパをかけられたホーンの回復もあり、試合は判定に。個人的には2ポイント差でホーンが優勢と見ていたのだが、ジャッジ採点も2名が2ポイント差、もう1名はもっと差をつけてホーンの判定勝利。再戦条項が盛り込まれた試合なので、そのうちダイレクト・リマッチがあるかも。

最近の愛読書

★特になし

海外出張の行き帰りの機内では故・近藤紘一氏の『サイゴンのいちばん長い日』を読んでいました。もう10回以上読み返したのではないかと。行きも帰りも思いっきり早起きして乗ったので、フライト時間の半分ぐらいは寝てましたが…。
それと『和楽』の新刊ぐらいか。こういう雑誌を眺めていると美術館に行きたくなるね。ずっと以前、横浜のフィッシングショーの会場に入る前に、横浜市立美術館に立ち寄ったことがありますが、それを聞いた何人かの業界人から「美術館ですかあ?まさかあ。似合わないですねえ」と言われました。よほど武骨で無粋な人間と思われてるらしい。美術館も博物館も好きなんだけど。
あと『BURRN! CLASSICS』がいいですね。掘り下げたものは読みごたえがある。釣りの世界でも、こういう掘り下げたムックとかが出てこないと、ホント読むものがなくなってしまう。売り上げだけでなく、内容にも危機感を持つべきだと思います。

最近の珍事件

★特になし

最近のお買い物

★ヘルメットロック

ウチのバイクにはヘルメットホルダーはあるものの、いちいちシートを外さないと使えないし、シートのロックを外す鍵穴は暗いところでは懐中電灯でも使わないと見つけにくい位置にあるし、アゴひもについてるDリングの位置によってはフックにうまくかからないし…という感じでとっても使いにくい。で、後付けのヘルメットロックというかヘルメットホルダーを購入して装着。
だいぶ便利になりました。お金を貯めて、年内にはマフラー交換の予定。

今月のダメな人

★特になし