• 月刊WHIPLASH
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

vol.148

月刊「WHIPLASH」JAN,2019

1月の目標:風邪をひかないことぐらいか…

この雑記は適当にダラダラ書いているので、前回の原稿を渡した日(だいたい各月23日頃)の翌日から、約1カ月のことが出ています。今回の場合は11月27日から12月23日までです。

毎年のことながら、この季節は釣りどころではない。手元の仕事をこなすのと、先の仕事の準備をするのとで手一杯な感じです。どうやら初釣りは大阪のフィッシングショーが終わって2週間後ぐらいになりそうです。

バレーヒルさんの2018年総合カタログをながめていると、たくさんのテスターさんやモニターさんが載っています。しかも現在ではさらに増えてるらしい。それにあやかるわけではありませんが、2019年2月頃からWHIPLASHにもモニターさんが加わることになりそうです。もちろん募集とかしたわけではありません。当然有名人ではないし、自己顕示欲が旺盛なタイプの人でもありません。さらにいうと外見的にはWHIPLASHというイメージでもありません。なんというか「らしさ」でいうなら、1名はヒグマの多いエリアにでも単独で入ることができる、山野での経験と知識を積んだ人物で、スポーツにおける海外試合の経験あり…というところでしょうか。で、他の人物についてはいずれ…。若干名この件について知ってる人以外には、あまりに意外な人選かも(笑)。ちなみに今後ともモニターさんの募集とかはやりません。

小さいLIVEWIREはシボ入りテストモデルまで進みました。これは市販品同様で、組んでテストして問題なかったので、そのまま進行という運びになります。内部のウェイトボールの配列もきまったし、あとはカラーリングぐらいです。100mmのLIVEWIREとは一部異なるカラーラインナップにしようと思います。

18 RYOGA1016でPEを使う人には興味深いリールが出ますね。MORETHAN PE TWというモデル、リールもですが、そのスプールに興味があります。要サミングを謳ったPEの使用を前提としたブレーキ設定。よくいわれるサミングの要らないベイトリールなんて、個人的には何の興味もない。サミングなしでバックラッシュが起らずに飛距離が伸びるなんて、詭弁ギリギリだからね(笑…
…すみませんね、イヤな言い方で)。で、このスプール。1000クラス対応なので、18 RYOGA1016にも適合するわけ。ということは、その前のRYOGA1016にも対応可能。…となると1520のPE対応スプールにも期待してしまう。少し重くて慣性で最後までブン回るタイプでもいいぞ。それとRYOGAにかんしては、よりハイギアの1520SHとか出してほしいね。何の用途…?

ひさしぶりに釣具屋さんに行ってみましたが、進行中のソフトルアー用のいわゆるワームフックしか、買うものが見つかりませんでした。頭の中にはほしいルアーはあったのですが、店頭には影もかたちもなく…。バーサタイルとかオールマイティとかは、今や重要視されない要素になりつつあるのかな。少ない弾数でいろんな状況に合わせる釣りには、イマドキのルアーは使えないモノが多すぎる(苦笑)。国産ルアーの名品がいくつも消えていきましたね。残念です。

ゴールデンカムイ16巻。なるほどね、奇妙な人たちの奇妙な日々、しかもサーカス。それもあってTHE DOORSのアレがはまるわけだ(笑)。おにぎりが◎!

来年の旅行の外郭が少しずつ見えてきました。ひとつの国で2箇所、メインターゲットも2種。まあダブルヘッダーとかいうやつやな。その2箇所間の移動手段もわかってきたし、地理にかんしては地図上のレベルではあるけど、ほぼ把握できました。2箇所目ではあのヒット曲と同名の町に滞在か。あの曲みたいなリズムで夜も騒がしいとうっとーしいな。まあ陽気な人の多い国だから少しは諦めもつくが…。なんの曲かといえば、『ハンニバル』を読んだことのある人ならすぐわかる。銃撃戦の舞台となったフィッシュマーケットで流れてる、あの曲です。

まさかマティス氏が…。ますますあの国がややこしくなりそう。今のところトランジットぐらいしか用事はなさそうだが。

2019年は大阪のフィッシングショーと名古屋のキープキャストに出展することになりそうです。横浜には出展しません。その次は4月に開催されると聞いている仙台のルアーフェスタ。2018年に開催された小倉の西日本釣り博は、2019年はお休みらしいです。大阪のフィッシングショーは、例年日曜より土曜のほうが若干人が少ないので、しっかりモノを見たい方は、土曜日に来られることをお勧めします。いつものことですが、自分はいずれのショーにおいても一出展者として、病気とか事故とかでないかぎり、ブースに常駐しております。たまに食事や休憩や打ち合わせなどで不在にしていることもありますので、ご了承ください。

2019年のフィッシングショーで展示予定の「主な」新製品にかんしては次回発表します。

最近の!!な試合

★WBC ヘヴィ級選手権 デオンティ・ワイルダー vs タイソン・フュリー

ラストラウンドがすごいことに!これぞヘヴィ級。個人的には再戦よりフュリーvsアンソニー・ジョシュア(WBA,IBF王者)を観たいぞ。

最近の愛読書

★ンドキの森 三谷雅純著 どうぶつ社

ずっと昔に買った本。ひさしぶりに読み返してみました。自分が海外渡航に憧れる根っこの部分には、故・開高健氏ではなく、伊沢紘生氏やこの三谷氏、そしてH.W.ベイツやA.R.ウォーレスといった人たちの著書から受けた影響が大きいです。

最近の珍事件

★特になし

最近のお買い物

★特になし

今月のダメな人

★特になし

2018年の個人的最○○○ *あくまでも「個人的」です

★BEST ROCK ALBUM OF THE YEAR

  • 1.『TATTOOED ON MY BRAIN』/NAZARETH
  • 2.『LIVING THE DREAM』/ URIAH HEEP
  • 3.『TO DRINK FROM THE NIGHT ITSELF』/ AT THE GATES
  • 4.『FIREPOWER』 / JUDAS PRIEST
  • 5.『THE AGE OF ABSURDITY』 / PHIL CAMPBELL AND THE BASTARD SONS

★BEST ROCK TUNE OF THE YEAR

  • 1.ONE HEART ONE SOUL / U.D.O『STEELFACTORY』
  • 2.GRAZED BY HEAVEN / URIAH HEEP『LIVING THE DREAM』
  • 3.STATE OF EMERGENCY / NAZARETH『TATTOOED ON MY BRAIN』

★BEST ROCK ALBUM ART WORK OF THE YEAR

  • 『SYMPHONIC TERROR』/ ACCEPT

★個人的な事件 OF THE YEAR

  • 1.スリランカ内陸の川で滑落

*2017年のオーストラリアに続き、またしても釣り場で負傷…。たいしたことなかったけど。

★LURE OF THE YEAR

  • 1.TBR-107SP…スリランカのバラマンディ&マシール、スペインのパイク&バスetc.
  • 2.TBR-93SPテストモデル(Whiplash)…国内のバス、スリランカのいろいろ
  • 3.NOIZE ADDICT RHINOCEROS(Whiplash)…ボルネオのオセレイテッド・スネイクヘッド&トーマン

★印象的だった魚

  • 1.スペインの大型パイク…ガレ場に沈んだ岩をかすめた瞬間、大きなパイクがヒット。やっぱり魚探なしの釣りがいい。
  • 2.ボルネオのオセレイテッド・スネイクヘッド…小さいけど見惚れる美しさ。熱帯魚屋さんみたいなブルーのはいなかったけど。
  • 3.スリランカ内陸のインドパシフィック・ターポン…なんでこんな内陸に。しかも引かない(涙)。でもうれしかったです。
  • 4.スリランカのバラマンディ…スイレンをかすめてTBRを引ったくった瞬間にはトリハダが立ちそうになりました。
  • 5.大型ギギ…ギギなのに約37cm。一瞬目を疑いました。