• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.173

生物など

少し仕事が空いた昼下がり、郊外に行ってきました。とある池にのそばを走っているとヨシガモの姿が見えました。日本に渡ってく るカモの中では比較的数は少ない方で、あまり見かけることはありません。やり過ごしてから車を停めて、木化けしつつ撮影。

  • オスは鎌形の頭が特徴。ナポレオンハットともいう。図鑑では緑に描かれることが多いが、光の角度によっては赤茶色に

  • まったく同じ個体だが、角度によっては このようにメタリックな赤茶色。メスやエ クリプス羽は地味で見分けがつきにくい

  • 動きがシンクロ。ヨシガモの声は「ピリー 」とか「ホーイ」とか書かれていますが、「 ピリー、ピリー」に交じって「ブゥ、ブゥ…」 という低い声を発してました

  • 眺めていると時々モメゴトが起きている。 これは不意にメスがオスを攻撃した瞬間

  • それが波及してオス対オスのモメゴトに。 メスに攻撃されて逃げたオスがどさくさ に紛れて、別のオスを突いたのが原因

  • こちらでもオス対オスのモメゴトの予感。 先に小突かれた左のオスがブチ切れた

  • 先に手を出した方が慌てて逃げた。こう いう時はなぜか無言。口元からは悲鳴が 聞こえてきそうだが…

  • こちらはカルガモ。逃げられないように 木陰から撮影。この池にはヨシ、カル、コ ガモの3種類がいました

  • ハスの立ち枯れの中にオオバン

  • 昼下がり、風裏、ほんのり日向という昼寝 にちょうどいい条件下、水辺の木でゴイ サギが居眠りしていました

  • カモの着水音で目を覚ました

  • 水辺の岩の上にひたすらじっと佇むアオ サギ。鳥山石燕の「青鷺火」の図にそっく りのポーズ

  • アオサギの若鳥。木を盾に接近して枯れ 枝の隙間から撮影。こんなに近づけたの は初。レンズは300mm。トリミングなし

  • 帰路、田園地帯の電柱上にノスリを発見。 車を停めて窓からレンズを出しかけた瞬 間逃げられました

車を停めてレンズを出した瞬間にノスリに逃げられたので、一週間後に再び目撃地周辺を探してみました。すると先日の場所から100mほどの距離で発見。
きっと狩りの縄張りみたいなものだろう。

  • まずは少し離れたところに車を停めて観 察。50mほどの距離にいる農家の人のこ とは気にしてないようだ

  • フツーに通行人を装って少しずつ近づき、 いつ逃げられてもかまわないように、何 カットか撮影

  • 直線距離約40m、逃げる態勢に入った。 こうなれば飛び立つのは時間の問題

  • やっぱり飛んだ。一度少し沈んでから重 そうに飛ぶ。200mほど離れた山の近く の電柱に移動。今日は追うのはヤメよう

  • トリミングしてみました。ずんぐりした体 形だが、顔はなかなか精悍だ

とある池が完全に水を抜かれ、そこに○○(鳥)が群れている…という情報が出たので、仕事が少し空いた午後に、自分の目で確か めに行きました。そこに向かう途中、某大型の池のそばを車で通過中、遠くに白い大型の鳥が! え、コハクチョウ? Uターンして道端 の広くなったところに車を停め、一眼レフを手に水際へ。

  • 走行中の車から目にしたのは、こんな感 じの眺め。ふとこの池にコハクチョウが 飛来するという話を思い出した

  • 自分のレンズではこれが限界。帰路もう 一度立ち寄ってみよう。もう少し撮りやす い距離に移動してるかもしれないし…

  • 帰路通りかかると、コハクチョウは撮りや すい位置に移動していました。そして土 手には10名以上のカメラマン

  • 先に陣取っているカメラの人たちに迷惑 かけないように、鳥を驚かせないように、 斜面を登って物陰から撮影

  • 若鳥もけっこう混じっていました。けっこ う撮られ慣れてるのか、こそこそ隠れな くても大丈夫だった

  • 逆光でも撮ってみました。実はこの池、 コハクチョウの越冬地としては南限なの だそうだ

  • やっと翼を広げてくれました。こういうカ ットは逆光気味のほうが羽が透けてキレ イかも

  • 当初の目的の池は水抜きされてなかっ たし、○○もいなかった。護岸の写真を 見た時に池名を変えてるな…と思った 通りだった。偽の情報で○○を見に来る 人を遠ざける狙いだろう

  • 佇んでいたのはチュウサギ。くちばしが 他のサギに比べて短い。魚より甲殻類等 を好むといわれているが、確かにここは 他の池よりザリガニが多い。枯れ草越し に接近したが感づかれた瞬間

  • 追い立てたわけではないので、余裕をも って逃げていった。ちなみに自分が住ん でいるあたりには、コサギが多く、ダイサ ギもたまにいますが、チュウサギは滅多 にいません

  • 陽だまりの水面にハシビロガモ。上のヨ シガモを撮った池だが、結氷後ヨシガモ は見なくなった

  • 岸近くでカワウが狩りをしていたので眺 めていました。石積みに魚を追い込んで たようだが、なかなかうまくいかず…

  • 左の写真の顔の部分を拡大すると、こん な感じ。ターコイズのような目がキレイ だ