• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.128

釣りに行けない不満解消にルアー製作

不自由だしまだ痛みはありますが、左手がある程度使えるようになったので、ルアーを作ってみました。

  • ある時ふと思うことがあり、いわゆるスイムベイトというモノを作ってみようという気になった

  • 2連のS字系ではなく、3連ジョイントの「泳ぐ」タイプにしてみました

  • ウェイトも入れてスイムテスト用に仮組み。想像よりイイ泳ぎだった。フックは前#1、後#2に

  • 全長は160mm。特に大きいわけではない。自分の用途の中で汎用性を考えるなら、これぐらいの大きさになる

  • 怠慢こいてアルミは部分的にしか貼らず。それでもぐっとルアーらしくなりました

  • タックルにセットして人造湖で泳がせてみた。タダ巻きでのユラユラ泳ぎもダートもいい感じ。水面を引いた時の「引き波」もよかった

他にもできる範囲であれこれ仕事(?)をしています。

  • とあるロッドのバージョン違いの企画にあたって、スレッドカラーを変更予定。で、自分で数パターン巻いてコートして色のマッチングを確かめてみた。個人的にはこの組み合わせが気に入りました

  • 他にもいろんなタイプ(ナイロン、NCP、メタリック)やカラーのスレッドで自分用の見本を作ってあります。ロッドの企画をやるからには、自分でこのくらいのことはしておかないと

  • 面倒だが途中で色替えする巻き方も。でも結局のところ、個人的嗜好としてシンプルな巻き方に行きつきます

生き物など

  • 帰国後のある日、天気がよかったので、東播の野池に行ってみた。カワウの目はブルーで意外にキレイだ

  • コチドリもいた。こうしてみるとヒナや卵のみならず、親鳥も背景に溶け込んでわかりにくい

  • カモ類はだいぶ北へ帰った後だったが、コガモと数羽のマガモが残っていました

  • 宝塚市は山がけっこう多いのでテンもいます。これで3度目の目撃です。郊外の市道で輪禍にあってしまった個体。かわいそうに…。これは冬毛でいわゆるキテンと呼ばれるタイプ

  • ゴールドコーストから内陸にかけて最もよく見かけたハト。髪型がCOOL!なCRESTED PIGEON。キンケイの小屋にエサ泥棒に入って抜けだせなくなってあたふたしてました

  • 野生のワラビーも2度見かけたが撮影できず。これは飼育されてるヤツ。野生モノとしてはハイイロカンガルーが圧倒的に多かったです。特に州立公園内ではいたるところにいました

今月の狛犬

今月はいいのに出会えませんでした。