• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.125

釣りにかんするモノなど

フィッシングショー関連のあれこれや、個人的なあれこれで忙しく、当然釣りには行けませんでした。でもちょっと空いた時間にルアーの試し塗りをやったり、ちょっとしたプラグを作ったり、とあるモノの原型を作ったりしていました。

  • すごくプレーンなホログラムやマットシルバーベースでテネシーシャッド系に塗ってみました。実は自分は古いバグリーのテネシーシャッドが大好き

  • 細かいクラッシュ系のクリアホログラムベースでも塗ってみました。そういやネイティブトラウトの世界ではクリア系カラーって少ないですね

  • バルサでポッパーを作ってみました。
    *とあるモノの原型は当分お見せできません

生き物など

ある午後、仕事が空いたので、東播の野池に野鳥を見に行ってきました。まずはいつものあたりでチョウゲンボウ。

  • そろそろ毎年チョウゲンボウの現れるあたりだ…と注意しながら運転してると、前方30mを田んぼのスズメの群れ目がけて低空飛行。これは狩りに失敗して見張りの電柱に戻ったところ

  • 正面から見るとスズメっぽくてかわいいし、横から見てもワシタカ特有の鈎状になった嘴が小さいので、猛禽には見えにくい。大きさはハトぐらい

  • こうして顔をアップにすると、目はけっこう鋭いのがわかる。一応ワシタカ目ハヤブサ科なのだ

で、野池に着いてみると…

  • 今年もハシビロガモがけっこう来ていました。そしてあちこちで決まって時計と逆回りの「ハシビロぐるぐる」をやってました

  • 今年はカワアイサもけっこう来ていました。全然近くに寄ってこないので、300mmレンズではどーしようもない

  • カワアイサのメスが1羽そう遠くないところを泳いでいたが、それでも300mmではきびしい。しかも日がかげってきた

  • ホシハジロもいました

  • すぐ逃げるマガモも数羽。ここでは他にカモ類としてはカル、コガモ、ミコアイサを確認

  • オオバンは最近あまり警戒しなくなったような…

後日、また野鳥観察に行ってみると…

  • 積雪した六甲山系の入口でノスリ発見。撮影アングルを変えようとした瞬間に逃げられた

  • 溜池の畔に立っていると、カワセミが飛んできました

  • こちらはホシゴイことゴイサギの若鳥。ダイサギやコサギに混じって、ゴロタ石で獲物を狙っていました

  • もっともよく見かけるコサギですが、こうして見るとなかなか凛々しい

  • この池にもオオバンがいた

  • けっこう近づいたが逃げなかったキジバト

今月の狛犬

今月はいいのに出会えませんでした。