• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.163

初釣りはヒゲモノ

  • 陽気につられて出かけてみたが、川にはまだコガモの群れがいた。水温も低いがはたしてマナちゃんは…

  • 枯れ草に覆われた陽だまりの水深30cmの止水スポットにルアーを入れると、マナちゃんが食ってきました

  • 小ぶりだったがコンディション良好。昨年の初モノはコロンビアのピーコちゃんだったが、今年は例年通りマナマズ(笑)

生物など

レンズも買い替えたので、使い勝手のチェックのため郊外へ。画像はややシャープ。ズームリングが重い以外に特に難点はナシか。

  • 池の土手にツグミがいました。それにしても毎回毎回、住んでるあたりは晴れでも、郊外に出ると曇天になる

  • カンムリカイツブリのオスが浮いてました

  • 意外なほど近くでハシビロガモのメスが索餌していました。撮影している自分に気づいて顔を上げたところ

  • コサギが小魚を狙って佇んでいました。日本のシラサギ類では、この種だけ一年を通じて嘴や目先の色が変わらない

  • 人馴れしてるようで、こちらがじっとしてると8mぐらいまでは寄ってくる

  • ふと背後からの視線を感じて振り向くと、物陰に隠れてカモやツグミを狙ってるヤツがいた(笑)

  • ヒメリュウキンカが地面に咲いていたので撮ってみた。1本のレンズで近距離から中望遠域までカバーできるのはうれしい

  • 背景が適度にボケる程度に絞って、標準で撮ってみた。ズームリングの回転が重いのが難点といえば難点

  • その一部を拡大してみた。低解像にしたので詳細はわからないだろうが、まあまあシャープに写っている

  • 神社の木々の間でガサゴソ音を立てる鳥がいました。木を盾にしてそーっと近づいて確認するとシロハラでした

  • 最終的に約4mまで近づくことができました。さかんに落ち葉をひっくり返して、食い物を探していました

  • 人造湖の昼下がり。アオサギが岸際を歩いていました

  • 繁殖期が近づいてきたせいか、ヒドリガモが盛んに羽をばたつかせてディスプレイらしき行為をしていました。

  • ミサゴは旋回しつつ高見の見物

ひさしぶりに狛犬

仕事(今後ともよろしくお願いします)+私事(某バーの関係者ならびに居合わせたお客さん、ありがとうございました)で九州に行くことがあったので、道中と宿泊地近くの神社に立ち寄ってきました。

  • まずは宇佐神宮。参道のは新しめだし、岡崎系なのでパス

  • こちらは中国獅子。ともに阿像だが、こちらは玉取り。そして胸には鈴

  • 反対側は子獅子つき。仰向けになった子獅子の腹を親獅子が押さえている。作りはいかついがモチーフは微笑ましい

  • 宇佐神宮から続く大尾神社と護皇神社の参道には、少し間の抜けた顔の古めの狛犬がいました。文久4年だそうです

  • 撮り方によっては南蛮渡来の大きな帽子をかぶってるように見える

  • 関西でもこんな造形をどこかで見たような…

  • 帰路、新しめの鳥居の向こうに厳めしい狛犬が見えました。八幡神社という額がかかってますが、中には郡瀬神社の札

  • そんなに大きくはありませんが、均整の取れたカッコいい造形。意外に新しく昭和13年だそうで

  • ひさしぶりにいかつくカッコいい狛犬を見た気がします

  • 博多のビル街の中にある水鏡天満宮

  • 牛と狛犬が出迎えてくれます。門の外の牛にはこのとおり角があります

  • こちらの牛の角は横に張ってます。対になってはいますが、鼻や目の造形もお隣のとはかなり異なります

  • 角が生えた立ち耳の厳つい狛犬が門を守ってます。体の造形は阿とほぼ同様

  • 阿は垂れ耳。福岡や大分の狛犬は厳ついタイプが多いような…

  • 門内の牛は角なし。元からないのか風化したのか…

  • これは以前立ち寄ったことのある、博多の櫛田神社の拝殿狛犬。吽は青。天狗も青。いわゆる「青丹よし」というやつです

  • 阿は赤、つまり丹。青といっても緑系なので、いわゆる補色関係にあるわけです。鬼もそうだしね

  • こちらは櫛田神社境内の末社の前にいた狛犬。小さくてもたくましい造形

  • その末社の石堂神社前には、小さいけどこれまた厳つい狛犬がいました。

  • 鎧を着たかのような造形、異様に高い鼻が特徴的。阿吽の配置が普通と逆になってます。昭和35年とは意外に新しい

  • 爪がネコ科の大型獣みたいに発達してます

  • こちらも以前に行ったことのある住吉神社。イイ感じに苔むした狛犬は明治44年。

  • こちらは阿にも角がある。吽には角の生えてるものがけっこういるが、阿の角つきはあまり多くない

  • 阿の頭に生えた苔

  • これまたボディビルダーのような狛犬がいました。昭和35年モノ

  • 阿も負けず劣らず筋肉まみれ…

  • 「のぞき稲荷」だそうです。左の立て札にあるように、のぞきこんでみました