• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.142

『DOWN TO EARTH』
RAINBOW

DOWN TO EARTH / RAINBOW

なんでこのタイミングで『DOWN TO EARTH』なのか? しかもアンタが最も好みそうにないRAINBOWの中でもポップなアルバムを?
それはプロレスラーのビッグ・バン・ベイダー氏の死去のせいもある。往年のプロレスファン(ちなみにワタクシはプロレスファンというわけではない。ゴールデンタイムに放送されてた時代はよく観てたけどね)なら「EYES OF THE WORLD」を哀しい気持ちで聴いていることだろう。誤解のないように言っておきたいが、自分はなにもハードかつヘヴィなものだけを聴いているわけではない。メタルもブルーズもジャズもクラシックも昭和歌謡もボサノヴァもポップスも、よいモノは聴く。ラップやヒップホップなど大嫌いと思われがちだが、それらの中でもよいモノは聴く。さて『DOWN TO EARTH』だが、ひさしぶりに聴いてあらためて耳につくのは、故コージー・パウエルのドラムの尋常ではない歯切れのよさ&カッコよさである。あまりに特徴的なフレーズが出てきて、ドラマーならずとも一発でそれとわかるほどである。もちろんブラックモア御大のギターも素晴らしく特徴的だし、ボネット師のVoもウマイし強烈だ。ポップな曲はポップなのだが、いわゆるポップスとは異なるキレがあるのだ。さらに今回実感したのはベースラインのカッコよさ、キーボードの妙である。つまりすべてがスゴイのである。ポップという評価の陰で、そのスゴさを聴き逃している人もいるだろう。それはあまりにもったいない気がする。

最近の愛聴曲

  • GRAZED BY HEAVEN / URIAH HEEP『LIVING THE DREAM』
    *なんとURIAH HEEPが新作を。アップで若々しくもあるが、シブイところはシブイ。アルバムが楽しみ。
  • 全曲『INNOCENT VICTIM』 / URIAH HEEP『INNOCENT VICTIM』
  • 全曲『ABOMINOG』 / URIAH HEEP『ABOMINOG』
  • BUZZED UP CITY / CITY OF THIEVES『BEAST REALITY』
  • BORN TO BE GREAT / CITY OF THIEVES『BEAST REALITY』
  • EYES OF THE WORLD / RAINBOW『DOWN TO EARTH』
    *R.I.P.
  • LOST IN HOLLYWOOD / RAINBOW『DOWN TO EARTH』
    *先日「スピード感」の話になった。これは初期METALLICAがどうの「ANGEL OF DEATH」がどうの、ブラストビートがどうのという話ではない。たとえばこの「LOST IN HOLLYWOOD」であり「KILL THE KING」であり「DEATH ALLEY DRIVER」である。切迫感というか緊張感というか、実際のスピードとは異なる、あおってこられる感覚である。自分はこの「スピード感」をハードロックやメタルの醍醐味のひとつと思っている。