• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.182

『THE SOUND TRACK FROM THE FILM THE SONG REMAINS THE SAME』
LED ZEPPELIN

2018年版。未発表楽曲を追加してリイシューされた2007年版のリマスターである。緻密にコントロールされたスタジオ盤の音作りと比べ、一音一音に宿る生命感が際立っている。ステージが進むにつれ演奏が乗ってくるのもいいし、スローな曲でも異様な長さの曲でも全くダレないのも凄いし、とにかくこのバンドのケタ外れっぷりが伝わってくる。いわゆる超絶テクニックのバンドは現在数あるが、そこから生み出されるものとはエキサイトメントの種類が異なる。肉感的なのだ。何年かぶりに数日間こればかりをぶっ通しで聴いていた。そうだ、今は秋。ZEP狂の友人が突然心筋梗塞で亡くなったのも秋だった。もう何年経つだろう…。「来年の夏、アラグアイアに行こう」。それが自分たちの最後の話題だった。

最近の愛聴曲

  • THE SONG REMAINS THE SAME / LED ZEPPELIN『HOUSES OF THE HOLY』
  • *多分天国にいるであろうその友人へ捧げるのはこの曲。カリフォルニアの陽光より赤道近くのベレンの乾季の太陽、カルカッタの優しい雨よりアラグアイアの天地をひっくり返すようなスコール、ホノルルの星明りもキレイかもしれないが、やっぱりアマゾン水系奥地の空全面にちりばめられた星にはかなわないと思う。そう思うでしょ?住本さん。2004年、自分が初めて行ったブラジルで見たシングーの満天の星には言葉を失った。砂浜に仰向けになってしばらく無心で眺めていた。そしてまた自分は奥地に向かう計画を立てている。いつかまとめて報告したいと思う。またその時に。合掌。
    思えば多くの知人や友人が逝ってしまった。そういう年齢になってきただけでなく、自分の周囲には生き急ぐかのように人生を走り抜けてしまった人もいた。時々寂しさと虚しさが胸のあたりを締めつけてくる。

  • 全曲 / LED ZEPPELIN『I』
  • 全曲 / LED ZEPPELIN『II』
  • 全曲 / LED ZEPPELIN『III』
  • 全曲 / LED ZEPPELIN『IV』
  • 全曲 / LED ZEPPELIN『HOUSES OF THE HOLY』
  • 全曲 / LED ZEPPELIN『PRESENCE』
  • DECIEVER, DECIEVER / ARCH ENEMY
  • SIREN SONG / JERRY CANTRELL『BRIGHTEN』