• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

BORN TO PERISHvol.156

『DESTRUCTION』
DEATH ANGEL

BORN TO PERISH / DESTRUCTION

アグレッションを保ちつつも、ツインギター態勢により、楽曲が多様化。アグレッションの根源は社会派ゆえの視点によるものであることは、その歌詞からも十分に察しうる。ラストの「RATCATCHER」はR&Rテイストだが、大小のRAT CATCHERたち、つまりハーメルンの笛吹き男まがいで溢れている現在、我々はしっかり自分の頭で考え、しっかり自分の行動を把握しないといけない…そういう警鐘が織り込まれた、メッセージ色の強い曲だ。なるほどRATCATCHERね、そこらにいるわいるわ…。

最近の愛聴曲

  • THE PARK / URIAH HEEP『SALISBURY』
  • THE DOGS OF WAR / PINK FLOYD『A MOMENTARY LAPSE OF REASON』
  • THEY WANT WAR / U.D.O『ANIMAL HOUSE』
  • WE CANNOT BE SILENCED / PANZER『FATAL COMMAND』
    *アメリカ、日本、韓国、北朝鮮、中国、そしてイギリスも…。事態をおかしくしてる元凶は誰? 追従してかき混ぜるのは誰?あっちもこっちもFxxK OFF!!
  • LATE HOME TONIGHT PART I / ROGER WATERS『AMUSED TO DEATH』
  • LATE HOME TONIGHT PART II / ROGER WATERS『AMUSED TO DEATH』
  • WATCHING TV / ROGER WATERS『AMUSED TO DEATH』