• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.144

『ABSURDITY』
UNITED

ABSURDITY / UNITED

直接的な知り合いではないが、知人が数人、バンドと知り合いだったため、オフのヒドイ話(笑)はいろいろ聞かされていた。数年前にリーダー格の横山氏が逝去し、どうなるんだろうと危ぶんでいたが、それは本当にどーでもいい杞憂にすぎず、危ぶむことすら無意味だったと思うほどの快作をUNITEDは提示してきた。過去の作品よりシンプルな印象があり、速くても重いDr、カッコええB、一辺倒でないVo、刻み職人ともいうべきGが構築するスラッシュメタルは強力。歌詞がないし何を言ってるのかわからないが、T-7は情念渦巻く鎮魂歌。

最近の愛聴曲

  • 全曲『THE WOLF BITES BACK』 / ORANGE GOBLIN『THE WOLF BITES BACK』
    *オールドブリティッシュも爆走R&Rもメタルもサイケもブルーズも鍋にブッ込んで、じっくり煮込んで荒っぽくブチ撒けたようなアルバム。
  • ALL SUMMER LONG / KID ROCK『ROCK'N'ROLL JESUS』
  • SWEET HOME ALABAMA / LYNYRD SKYNYRD『SECOND HELPING』
  • CEMETARY GATES / PANTERA『COWBOYS FROM HELL』
    *R.I.P. ヴィニー・ポール氏と、そしてどことなく似ているマサ斉藤氏に。
  • RYUKYU MY HOME / MURASAKI『QUASAR』
    *合掌。
  • I SAY A LITTLE PRAYER / ARETHA FRANKLIN
    *R.I.P
  • ROCKIN' IN THE FREE WORLD(Neil Young Cover) / KROKUS『BIG ROCKS』
    *R.I.P
  • 私は風(Carmen Maki&OZ Cover) / 中森明菜 1994 Parco Live
    *カバーが原曲を超えることはめったにない。もちろんこれも原曲を超えてるわけではない。しかし、この苦悩の中から自由を求めつつも、また引き戻されるようなバージョンは、とても興味深く聴くことができる。