• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.125

『I AM I』
NUCLEAR VALDEZ

I AM I / NUCLEAR VALDEZ

1990年にリリースされたR&Rアルバム。アメリカはマイアミのバンドだが、メンバーはキューバから移民の家系がほとんどなので、ラテン系音楽の特徴が色濃いかといえばそうではない。しかしメロディはそこはかとなくエキゾチックであったりするし、我々一般人がフツーに抱くマイアミのイメージとは落差のある、独特の哀愁が漂っている。洗練されたロックではないし、金持ちのボンボンが歌える歌ではない。「移民」というキーワードが世界中にあふれ、取り沙汰される今、それを感じさせるバンドの、それを感じさせるレコードを挙げてみた。

最近の愛聴曲

  • SATAN IS REAL / KREATOR『GODS OF VIOLENCE』
  • GODS OF VIOLENCE / KREATOR『GODS OF VIOLENCE』
    *さすがの出来だと思う。
  • MEAN, GREEN, KILLING MACHINE / OVERKILL『THE GRINDING WHEEL』
    *アルバムが楽しみ。
  • TESTIFY, OR SAY GOODBYE / BLACK STAR RIDERS『HEAVY FIRE』
    *1st,2ndのようなキラーチューンはあるのだろうか?
  • JUDAS / HELLOWEEN『JUDAS』
    *どこかの誰かにぴったりか?