• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.171

『DEMONS AND WIZARDS』
URIAH HEEP

HOLY MOLY! / BLUES PILLS

少し前にリー・カースレイク師が亡くなり、後を追うようにケン・ヘンズレー師も…。影響を受けたミュージシャンが次々に虹の橋を渡っていく。URIAH HEEPは大好きなバンドで、そこそこアルバムも持っているが、一番よく聴いたのは、この「DEMONS~」 だろう。アートワークから楽曲の流れにいたるまで一貫性があり、HEEPワールドが展開されている。特に好きなのは「PARADISE/THE SPEELL」だ。楽園に浸っていると、魔物が歌い出すという流れだが、それがなんとも明るいのでおもしろい。おどろおどろしいはずの「けっして呪いは解けないだろう」というフレーズも、軽いノリで歌われるのだ。全盛期のURIAH HEEPは、創始者であるGのミック・ボックス、ハイトーンの故デヴィッド・バイロン、独特のベースラインの故ゲイリー・セイン、屋台骨を支えつつもカッコいいドラムを聴かせた故リー・カースレイク、そしてKey, G, Voのケン・ヘンズレーという構成だったが、自分は楽曲とバンドを高みに引き上げたのはケン・ヘンズレー師だったと思っている。R.I.P.

最近の愛聴曲

  • 全曲 / URIAH HEEP『VERY ‘EAVY VERY ‘HUMBLE 』
  • 全曲 / URIAH HEEP『SALISBURY』
  • 全曲 / URIAH HEEP『LOOK AT YOURSELF』
  • 全曲 / URIAH HEEP『THE MAGICIAN’S BIRTHDAY』
  • 全曲 / URIAH HEEP『SWEET FREEDOM』
  • 全曲 / URIAH HEEP『WONDERWORLD』
  • 全曲 / URIAH HEEP『RETURN TO FANTASY』
  • 全曲 / URIAH HEEP『FIREFLY』
  • 全曲 / URIAH HEEP『INNOCENT VICTIM』
  • 全曲 / URIAH HEEP『FALLEN ANGEL』
  • 全曲 / BLACKFOOT『SIOGO』
  • 全曲 / BLACKFOOT『KING BISCUIT LIVE』
  • 全曲 / KEN HENSLEY『RARE&TIMELESS』
    *『RARE&TIMELESS』ではBLACKFOOTのそれとは異なる、スローな「SEND ME AN ANGEL」を聴くことができる。ライナーを読んでると、この曲にはいくつかのバージョンがあるらしいが、ご本人はこのバージョンがお気に入りらしい。HEEPとは趣の異なる「LADY IN BLACK」も聴くことができる。「THE LAST DANCE」も好きな曲だ。 そしてアルバムは「EPILOGUE」で締めくくられる。ケン・ヘンズレー師が「GOOD-BYE」と声をかけ、それで終わる。2018年リリースのアルバムだが、死のタイミングでこれを聴くと胸がつまるね。
  • MIDNIGHT BLUES / SNOWY WHITE AND THE WHITE FLAMES『NO FAITH REQUIRED』
  •  *元THIN LIZZYのスノーウィ・ホワイトのブルーズアルバムより。