• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.138

『THUNDERBOLT』
SAXON

THUNDERBOLT / SAXON

安定感抜群のSAXON。新しい部分はないが、どう聴いてもヘヴィメタルなコンストラクションに、どう聴いても英国な味付けが光る。MOTORHEADの追悼曲「THEY PLAYED ROCK AND ROLL」は激しいのに涙が出そう。

最近の愛聴曲

  • TO HELL AND BACK AGAIN / SAXON『STRONG ARM OF THE LAW』
    *「一度離婚したけど、また結婚して子供までできてしまったよ。上の娘は大学生なのに。釣りには独身が一番だ。パラディソは過去になってしまった」とノロケかボヤキかわからんことを言ってた、SAXONが好きなMさんに「そーかい、それはお気の毒に。SAXONの3rdのT2だな」と言ったら大笑いしてました。超有名曲「HEAVY METAL THUNDER」が終わるやいなや始まるこの曲、自分にとってはSAXONのBEST10ソングのひとつです。
  • 全曲『THE AGE OF ABSURDITY』 / PHIL CAMPBELL AND THE BASTARD SONS『THE AGE OF ABSURDITY』
    *影は薄いながらも(←失礼)MOTORHEADを1984年から支えてきたフィル・キャンベルが3人の息子たちと、いい感じのVoを従えたバンドで制作。もちろんMOTORHEAD風味もあるし、ブルージーな部分もあるし今風な部分もある。でも根底にあるのはR&R。なかなかカッコいいアルバムだ。
  • ISOLATION WARD(INCOMUNICACION) / BARON ROJO『VOLUMEN BRUTAL』
  • STAND UP(RESISTIRE) / BARON ROJO『VOLUMEN BRUTAL』
  • FLY OVER ENGLAND(EL BARON VUELA SOBRE INGLATERRA) / BARON ROJO『BRUMEN BRUTAL』
    *すごい「断言」とともに出たBARON ROJOのアルバム。「断言」はハズレたが、けっこう好きでした。スペイン語バージョンを聴き直すとそっちの方がええなあ。
  • GREEN TINTED SIXTIES MIND / Mr. BIG『LEAN INTO IT』
    *R.I.P....