• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.140

『BEETHOVEN:PIANO SONATAS NOS.8,14,21&23』
WILHELM BACKHAUS

BEETHOVEN:PIANO SONATAS NOS.8,14,21&23 / WILHELM BACKHAUS

現在ミュンヘン在住のMELセンパイは、先日ベートーヴェンの家を見学に行ったらしい。センパイはクラシックに造詣が深いので、あれこれ蘊蓄を語ってくださるが、自分はクラシックにかんしてはちょっとかじってる程度なので、あまりピンとこないのである。
でも個人的にベートーヴェンで大好きなのは、このピアノソナタ集。ありきたりに思われるだろうが、特に好きなのが第8番 ハ短調 作品13「悲愴」。昔からよく聴いてきたし、最近でも心静かな作業が必要な時にBGMとしてよく流している。ちなみに日本のハードロックバンドの紫の「RYUKYU MY HOME」の下敷きもこの曲だ。もちろん「RYUKYU〜」も素晴らしい曲なので、興味がある方は聴いてみてほしい。奏者のヴィルヘルム・バックハウスは特にベートーヴェンの楽曲の演奏に優れた人で、ここに収められているのは1958年と1959年のものであるにもかかわらず、いまだこの演奏を超えるものはないともいわれている。

最近の愛聴曲

  • TO DRINK FROM THE NIGHT ITSELF / AT THE GATES『TO DRINK FROM THE NIGHT ITSELF』
  • A STARE BOUND IN STONE / AT THE GATES『TO DRINK FROM THE NIGHT ITSELF』
    *AT THE GATESの新譜が楽しみ!
  • FREE AS THE WIND / ANVIL『FORGED IN FIRE』
    *最近よく口をついて出そうなのがこの曲の一節。「ほっといてくれ。アンタは勝手にアンタの人生を生きてくれ」。そういやスリランカの内陸の宿でTOMO-H氏、TOMO-N氏と同じ部屋で就寝中、ワタクシは大きな声ではっきりと「頼むからジャマせんとってくれるか!」と寝言を言ったそうです。これもいうなれば「ほっといてくれ」ですよね。たしかに自分はよく寝言を言うらしい。しかもたいてい怒ってるらしい。ストレスあんのかなあ…?
  • 全曲『TRIAL BY FIRE』 / JOURNEY『TRIAL BY FIRE』
    *激しい曲を聴くことができない時はこういうのを。
  • THIS IS THE GIRL / PATTI SMITH『BANGA』