特定外来生物被害防止法に関する個人意見

  【p1】 【p2】 【p3】
 
 2005年5月から施行される「特定外来生物被害防止法」に、カムルチーとタイワンドジョウ(ライヒー)がリストアップされたことを私が知っ たのは、遅ればせながら2004年12月、雑誌原稿類の締切り直後のことであった。同時に知ったのは、オオクチバス(ラージマウスバス)が「委員会」を離れ、別の「小委員会」で扱われることになった、という話であった。また、同時にバス擁護派は「オオクチバスだけは回避するので、それ 以外の魚種は騒がず容認せよ」という取り引きを持ち出している、という話も聞こえてきた。 その時、私の頭に浮かんだのは「スケープゴート(scapegoat)」という言葉だった。「スケープゴート」とは「贖罪のヤギ、生贄、身代り、犠牲者」を意味する。 オオクチバスにかんしては、2005年1月19日に会合があり、議論されることになっている。さらに、2005年1月21日には「特定外来生物等分 類群専門家グループ会合」の第2回目魚類グループが開催される。議題は「特定外来生物等(魚類)の選定について」である。   この「特定外来生物被害防止法」の選定の基準は「明治以降に移入された種で、生態系を著しく破壊するもの、またはその危険があるもの、農作 物や漁業に悪影響を及ぼすもの、人体や生命に危険を及ぼすもの」等である。魚類にかんして言えば、選定された場合は「釣って飼育すること、移 動、輸入、売買」などを禁止され、何らかの「被害」報告がなされた場合には「防除」の対象とされる。防除の「防」の字は、封じ込めなどにより 拡大を「防ぐ策」に相当する。一方「除」の字は「駆除」に相当すると考えてもらってもいいだろう。 ただし、この法律自体は釣りを禁止するものではないし、選定されたからといって、即駆除!というわけではない。だから、選定された種がそこにいて、それを釣っても、その場でその水に返せば、咎められることはない、という解釈が成立するはずだ。
 現在、選定作業が必要な魚種は「案」として、カムルチー、タイワンドジョウ以外にコクチバス(スモールマウスバス)、ブルーギル、ノーザンパイク、チャネルキャットフィッシュ、ヨーロッパオオナマズが挙げられ ている。カムルチーとタイワンドジョウ以外にかんしても当然言及したいことはあるが、この場では一般に「ライギョ」と呼ばれる上記2種にかん する話をしよう。   ライギョ釣りを愛好している人なら、カムルチーやタイワンドジョウが上記の選定基準に当てはまらないことは「実地で見聞」し、百も承知だと思う。バス釣りを愛好している人であっても、その他のルアー以外の釣り人であっても、水産関係の人であっても、「自然や生態系に対する公平な 目」を持っている人なら、それは周知のことであると思う。

 私の見解を述べる前に、カムルチーとタイワンドジョウが「選定作業が 必要な魚種」としてリストアップされた理由などを見よう。抜粋であるが明らかに入力ミスと思われるもの以外の字句は原文ママで写しておく。
            
カムルチー(Channaargus)
評価の理由
東アジア原産であるため冬の低水温に耐えることが可能で、かつ繁殖力が比較的強く、日本各地に広く侵入・定着している。
魚食性が強く、本種によるとされる在来種の減少が報告されるなど、在来の生態系に被害を及ぼすおそれがある。

被害の実態(代表的な事例)
生態系に係る被害
大型になる上位捕食者で魚類や甲殻類などを捕食する。(文献1,2,5,7)
水域への侵入当初に急増し、在来生物相への悪影響が問題とされる。(文献3)
アメリカに侵入・定着し、在来の魚類や両生類への影響が懸念され、大きな問題となっている。(文献1,7)

被害をもたらしている要因 
生物学的要因
河川や湖沼に生息する。
水温0~30℃で生息可能で日本全国に分布可能である。
産卵数は1,300~15,000で年1回~数回産卵し、親魚が卵・稚魚を保護する。
上鰓器官と呼ばれる呼吸器官で空気呼吸も行うため、低酸素状態の水域 にも耐性がある。
魚類だけでなく、昆虫類、カエル類、甲殻類も捕食する。
全長30~80cmに達し、体長の1/3程度の大きなものでも捕食できる。

主な参考文献

1. Fish and Wildlife Service (2002) Injurious wildlife species:snakeheads(family Channidae). U.S.Environmental Protection Agency, Federal Register Environmental Documents, Vol.67, No.193
2. FishBase www.fisebase.org
3. 金井慶幸・関口芳弘(1980)卒論「魚食性外来魚の社会的評価について」.フィッシング6月号・7月号
4. 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海(編・監)(2002)山渓カラー名鑑日本の淡水魚(改訂版)山と渓谷社.719pp
5. 日本生態学会(編)村上興正・鷲谷いずみ(監)(2002)外来種ハンドブック. 地人書簡.390pp
6. 滋賀県立琵琶湖博物館→ http://www.lbm.go.jp/index.html
7. U.S.Fish and Wildlife Service(2002) Invasive Species Program. Snakehead - The Newest Aquatic Invader(USGS Florida Caribbean Science Center/USFWS Fact Sheet July 2002)

タイワンドジョウ(Channa maculata)
評価の理由
大型になる上位捕食者であり、マダガスカルでは本種の定着後に在来のカエル類が減少したことが報告されている。
東アジア原産であるため冬の低水温に耐えることが可能で、西日本を中心に侵入・定着しており、在来の生態系に被害を及ぼすおそれがある。

被害の実態(代表的な事例)
生態系に係る被害

魚食性が強く、日本在来の生態系に被害を及ぼしている可能性が示唆されている。(文献3)
マダガスカルではタイワンドジョウによりカエル類が減少したことが報告されている。(文献1,2)

被害をもたらしている要因 
生物学的要因

河川の中下流域や湖沼などに生息する。
上鰓器官と呼ばれる呼吸器官で空気呼吸も行うため、低酸素状態の水域にも耐性がある。
魚類だけでなく、昆虫類、カエル類、甲殻類も捕食する。

主な参考文献
1. Courtenay Jr.,W.R.&J.D.Williams(2004)Snakeheads(Pisces, Channidae)- A biological synopsis and risk assessment. U.S.Geological SurveyCircular 1251
2. FishBase www.fisebase.org
3. 金井慶幸・関口芳弘(1980)卒論「魚食性外来魚の社会的評価について」.フィッシング6月号・7月号
4. 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海(編・監)(2002)山渓カラー名鑑日本の淡水魚(改訂版)山と渓谷社.719pp

                                                 
  【p1】 【p2】 【p3】